EcoSafe Driving Training

運転技術だけでなく、その必要性も学びます

・なぜエコセーフドライビングが社会全体への尊重につながるのか
・なぜエコセーフドライビングが環境に良いのか
・トラックやバスならではの危険予知と対応
・燃費のよい運転⽅法
・運転前のチェックポイント

ギアは状況に合わせて

・1500〜1800RPMの間にギアをシフトする
・アクセルは8割程度で踏む
・最⾼の加速は1500〜1800RPM
・エンジン回転計のグリーンゾーンの真ん中が燃費が⼀番良い
・針がグリーンゾーンに⼊る前にシフトをスタートすると良い

エンジンの回転数を意識しよう

・⼀定の速度で⾛る時は、エンジンの回転数は1000〜2000RPM
でキープが理想です
・これは⼀番経済的な運転⽅法です
・アクセルの使⽤は必要最⼩限にしましょう
・できるだけ、加速・減速は10キロ以内にする
・回転数の意識も⼤切ですが、なによりも安全第⼀で運転しましょう

アクセルはやさしく

・やさしく踏むこと
・速度の上限は80〜90キロ
・⾼速度はパワーが必要です
・そうすると燃費が悪くなります
・空気抗⼒も増加します
・だから、80〜90キロで⾛ると燃費が良くなります
・速度を10キロを減らすと燃費が1割良くなります

ブレーキを使い分けましょう

・やさしく踏むこと
・減速のときはエンジンブレーキを使⽤しましょう
・ブレーキは余裕をもって適切なタイミングで踏みましょう
・ブレーキペダルの使⽤は交通状況に合わせて最⼩限にすること
・これは燃費の向上に繋げます

アイドリングはやめましょう

・例えば⼀⽇3時間をアイドリングした場合、毎⽉25⽇間に使うと1
年間で720Lの燃料になります
・⼤型トラックの場合、年間1,170Lになります
・休憩中や荷物を取り扱う間は、アイドリングをやめましょう

まだまだあります

・やさしく踏むこと
・減速のときはエンジンブレーキを使⽤しましょう
・ブレーキは余裕をもって適切なタイミングで踏みましょう
・ブレーキペダルの使⽤は交通状況に合わせて最⼩限にすること
・これは燃費の向上に繋げます

まだまだあります

・定期的にタイヤの空気圧や燃費をチェックしましょう
・貨物はバランスよく、余計なものを積まない
・適切な⾞間距離を取りましょう
・エアコンは必要なときのみ
・事前に⾛るルートを確認しましょう
・交通のピークはできるだけ避けましょう

わたしたちと⼀緒に学びましょう!

HINO wishes to share its EcoSafe Driving insights with its loyal customers.
Join our team whether you are a fleet owner or a driver.
Follow a HINO EcoSafe Certified Driving course and you and/or your drivers will learn to drive
more economically, more safely and more sustainably, which is better for the environment.

In this way, you’ll discover the true potential of our HINO vehicles and reap the benefits of our
eco-friendly motors.